乳首のための色素解消クリーム

乳首を乾燥から守って黒ずみにくい状態を保つ

乳首が黒ずんでしまう原因は

  • 体の中からのメラニンの沈着
  • 体の外部からの汚れの沈着

 

以上の2つが主であり、いずれにしても

 

  • 沈着させないこと
  • 除去すすること

 

といった、単純なアプローチが解決手段になります。

 

しかし、デリケートな部分であるだけに
どういったアプローチをすればいいのか分からず、
思い切った対策をとることができなかった、という人も多く
結果的に、内外共に「頑固な要因」となってしまっているようです。

 

そんな<どうすればいいか分からない>黒ずみを
効率的に乳首の黒ずみを除去するためには
「専用のクリーム」を使うことがベストであるという考えから
このサイトでは2種類のクリームを紹介してきました。

 

これらのクリームは、黒ずみ除去への大きなサポートとなりますが
出来ることであれば、しっかりと「準備」しておくことが大切であり
その鍵を握る、必要不可欠なものこそが「保湿」なのです。

 

 

乾燥から守り・保湿をしておく

 

乳の色素沈着の原因となる

  • 体の中からの黒ずみ(メラニン)
  • 体の外からの黒ずみ(皮脂等の汚れ

 

これら2つに共通するサポート準備としては
「肌に潤いを持たせておく」ということになります。

 

新陳代謝の活性化にもつながる

 

肌に水分が豊富に含まれていることによって、血流や体液の流れがが良くなり
新陳代謝が向上することで、結果的に「メラニン」の排出が促されます。

 

また、細胞内の水分が豊富にあることによっても
新陳代謝が活発になり、不純物の除去機能も働き
メラニンの排出にとって、メリットが大きな状況になります。

 

新陳代謝とは、決して体の内側からでしか改善できないものではないのです。

 

解消が簡単に・蓄積が困難に

 

そして、最も大きなメリットが

  • 汚れの除去がしやすくなること
  • 汚れが定着しづらくなること

 

以上の2つの主な外部要因の軽減です。

 

肌が乾燥している状態というのは、傷つきやすく
即ち、メラニンが発生しやすい状況と言えます。

 

しかし、潤いがあることによって傷つきにくくなり
そもそもの、メラニンの発生リスクを抑えることができます。

 

また、こちらのクリームにも同じ目的として含まれていますが
肌が水分を含んでいることによって、汚れを除去しやすくなります。

 

いずれにしても、潤いを含んだ肌というのは
黒ずみのリスクが低く、またリスクの除去も楽な傾向があります。

 

乳首を保湿するための基礎的な習慣

 

乳首を感想から防ぐためには、お風呂上りや
外出時の乾燥をなるべく防ぐことはもちろんですが
日常的に保湿クリームを使うことも有効です。

 

そして数ある保湿クリームの中でも、こと乳首の保湿を目的とするのであれば
当サイトで紹介している、2種類のクリームを常に使うことが最も効率的な手段と言えます。

 

民間療法は最新の注意を払う

 

乳首の黒ずみの除去に大して、効果がある方法としては
「ヨーグルトの「乳清(ホエー)」を添付するというものが有名です。

 

この方法は、<ある程度は>効果がることが分かっていますが
やり方を間違えたり、ちょっとしたことで「逆」の「マイナス効果」を
乳首に与えることになりかねないため、注意が必要です。

 

こういった民間療法を試す際には、まず疑うことから始め
徐々に様子・結果を見て、慎重に判断することが必要になります。

 

デリケートだからこそ、何より「安全」を優先して欲しいと思います。

 
トップ