乳首のための色素解消クリーム

乳首に色素が沈着してしまう原因

乳首の黒ずみを効率よく解消するためには、自分の乳首がなぜ黒くなってしまったのか
今現在どのような状況にあるのか、これらをしっかりと知っておく必要があります。

 

当サイトでは、「美白クリーム」に近いアイテムをを使用した乳首の黒ずみ解消が
最も理に適った、効率的な改善策としておすすめしていますが
それぞれの原因の違いによって、美白クリームと併せて行うべき改善策も変わって来るものです。

 

それらを見極めることが、「効率の良い解消」につながるものになります。

 

乳首が黒くなる仕組みは、様々なパターンがありますが
基本的な要因と考えられるものとして、

  • メラニン色素の発生(衣服の刺激等)
  • ホルモン環境の変化

 

以上の2つにしぼることができます。

 

 

メラニン色素の発生・定着による黒ずみ

 

「紫外線」を中心として起こる、「メラニン色素」の生成は
シミ・そばかすの原因としても有名ですが、なぜ紫外線によって結果的にシミやそばかすができるか
その詳しいメカニズムについて、しっかりと知っている人というのは意外と少ないように思われます。

 

肌を守るために生成される

 

メラニンという物質は、肌がダメージを受けた際に肌を守るために生成されます。

 

紫外線を浴びることによって、肌の表面の細胞傷ついた状況を
そのまま放っておくと、肌の奥まで届き「炎症」を起します。

 

そうならないために・ダメージを広げないために
「メラノサイト」という部分から、メラニンが生成されるのです。

 

通常であれば、メラニンは体に悪い成分を「やっつけた」後
肌の表面に押し上げられ、古くなった表皮と共に排出されます。

 

しかし、新陳代謝が悪化している場合などに
そのまま皮膚の深い位置に留まってしまい、それらがシミやそばかすになるのです。

 

「年をとると乳首が黒くなる」という現象が起きてしまう要因の1つの角度として
加齢によって代謝が悪化したことで、ターンオーバーが起こりにくくなることが理由です。

 

また、たとえ若くても「生活習慣」や「食生活」の乱れによって
新陳代謝が悪化することもあり、注意が必要です。

 

摩擦によるメラニンの発生

 

衣類との摩擦による乳首の黒ずみに関しても、メラニンの生成が原因となっています。

 

摩擦が起きた際に、肌は炎症を起します。

 

大したことがないものは、見た目には表れませんが
まれに赤くなってしまうこともあり、経験があると思います。

 

その炎症を鎮めるためにもメラニンは生成され、同じ原理で色素の定着を起すことになります。

 

また皮脂や汗の汚れが、摩擦によって肌の隙間に<ねじ込まれている>ことも
黒ずみが定着してしまう・させてしまう、大きな要因と言えます。

 

デスクワークによって、手の甲が汚れて黒く定着してしまったり
脇の下が擦れることによってできる黒ずみも、これと同じ原理で起きます。

 

 

女性ホルモンの変化による乳首の黒ずみ

 

女性ホルモンのバランスによっても、黒ずみが発生することになります。

 

女性ホルモンのバランスの変化は、黒ずみの大元とも言える
メラニンの生成の異常を招くこともあり、更年期の顔の黒ずみと通じるものになります。

 

そしてそれに加えて、より複雑な事情も絡むことで
乳首の色素沈着というのは、女性ならではの問題ということが分かるのです。

 

月経のサイクルの一部である、「排卵」の時期の後には
「妊娠してもいい状態」に体を変化させるために
「黄体ホルモン(プロゲステロン)」の分泌が活発になります。

 

同時に体の免疫・防御機能も活発になるため、メラニンの生成も活性化することになります。

 

更に黄体ホルモンは、「排出」を抑え様々な物質を体に溜め込ませる働きもあり
発生しやすくなったメラニンが、排出しにくいという大きな悪条件になってしまいます。

 

つまり、基本的に色素の沈着が起きやすい体になっているのです。

 

女性ならではのイベントが黒ずみを招く

 

女性特有の体の仕組みによるリスクの増加は、「妊娠」「出産」によって最大化します。

 

そう何度も頻繁に、体に起こる現象ではありませんが
乳首の黒ずみを発生させる要素としては、最も<威力が大きい>要素と言えます。

 

妊娠によって、更にプロゲステロンの分泌が活発になるだけでなく
「赤ちゃんが見つけやすいため」に、乳首の見た目が濃くなるとも考えられており
「モンゴメリー腺」と呼ばれる「乳輪のブツブツ」も発達するため、乳輪・乳首を含め全体的に肥大します。

 

大切なかわいい赤ちゃんのために、自分の体の犠牲と考えれば
仕方がないものではありますが、できるだけ早期に回復したいものだと思います。

 

 

「仕方がない」ではなく改善すべき問題

 

年をとることによって、乳首の色が黒くなること

 

出産をすることによって、乳首の色が黒くなること

 

これらは、なんとなく<仕方が無いこと>と考えてしまう傾向があります。

 

特に「根本要因」とも言える、以上の2つのパターンの黒ずみは
それぞれに対して、適切に対処することによって改善することができます。

 

加齢による黒ずみは「汚れ」の要素の多い

 

加齢による乳首の黒ずみは、基本的に汚れの蓄積による色素の定着です。

 

汗に溶けた皮脂が、皮膚に「練りこまれている」状態です。

 

「毎日しっかり洗っている」という人であっても
ほんの少しの洗い残しの積み重ね・蓄積によって
年を重ねた分だけ、蓄積されていくことになります。

 

年をとることによって、リスクが上昇することは間違いありませんが
しっかりとしたケアをしていれば、加齢による乳首の黒ずみは防ぐことができるはずです。

 

母体を守るための成分だが

 

上記したように、出産がきっかけで乳首の色素が濃くなる理由としては

  • 母体の体を守るため
  • 赤ちゃんの成長のため

 

以上の2つが挙げられます。

 

妊娠することによって、分泌が増えたプロゲステロンは
紫外線等の刺激から母体を守るために、メラニンの発生量を増やします。

 

  • 胸元
  • 前腕部

 

これらの部分というのは、露出しているために特に色素が定着しやすいパーツですが
ブラジャーや衣服の刺激を受ける乳首は、また別の事情からメラニンが発生しやすい条件が整っているのです。

 

また出産が近づいてくることによって、乳首の色は徐々に濃くなってきますが
赤ちゃんが乳首を見つけやすいように、色が濃くなりまた独特のフェロモンを分泌します。

 

同時に乳輪にある汗腺が発達し、モンゴメリー腺からフェロモン(におい)を分泌します。

 

授乳が終るまでは、乳首を含めて乳房全体が常時発達した状態になります。

 

根本的な機能を守り続けなければならない

 

これらの体の変化は、ホルモンによって引き起こされますが
授乳が一段落することによって、基本的には元に戻ろうとします。

 

しかし、妊娠直後から授乳期までの長い期間に亘って生成された大量のホルモンを
全て綺麗に排出することは非常に困難であり、結果的に沈着したままになってしまいます。

 

このメラニンの排出がスムーズに行かないことが
そのまま色素が沈着してしまうという現象が招くのです。

 

加齢による乳首の黒ずみ、、出産による乳首の黒ずみは
微妙に原因が異なるものですが、共通している要因もあります。

 

それは両者とも、「新陳代謝」が大きく関わっていることです。

 

そもそも、加齢によって色素(メラニン)による黒ずみのリスクが上がってしまうのは
新陳代謝の「低下」が原因であり、それは加齢によって最も失われる機能でもあります。

 

悪化した代謝こそが、乳首の黒ずみの根本に存在するのです。

 
トップ