乳首のための色素解消クリーム

乳首・乳輪を小さくする・小さく保つために必要なこと

当サイトをご覧の方はの中には・・・

 

自分の乳首が黒く・大きくなってしまっていることに気づいてから
すぐに黒ずみ解消アイテムを探し始めた方

 

ずっと悩んでいて、やっと解消しようと動き始めた方

 

以上の両方のパターンの方がいると思われますが
乳首の黒ずみ(色素の沈着)の除去、それにともなう「肥大の抑止」
「できるだけ早く」というよりも、「気づき次第すぐに」始めるべきものと言えます。

 

それは<手遅れ>になってしまうこともある、という現実があるためです。

 

そして、こと「肥大」に関しては特に注意が必要になります。

 

乳首にまつわる問題は、「色」だけではありません。

 

乳首と乳輪は、基本的にセットで考えられます。

 

これらは、併せて「バストトップ」と呼ばれることもあり
女性が抱える<人には言えない悩みの中>で最も多いものが
実は「乳首の色」のではないか?とも言われており
日本人の場合は、特に黒っぽいことにコンプレックスを抱えている人も多いようです。

 

そしてそれに加えて、妊娠や生理前などのホルモンの変動期というのは
基本的にはほとんどの人のバストトップが、一時的に肥大しますが
それ以外に「通常時」においても、少し大きめなことに悩んでいる方がいるはずです。

 

この「大きさ」という、<より見られたくない>要素になってしまっている
どうにもごまかせないトラブルに関して、悩んでいる方も多いと思われます。

 

また気づかぬうちに・気づいたら大きくなっていた、という女性は珍しくありません。

 

そしてこの問題は、本来であれば<大きくなる前に>なんとかしなければならないものであり
身に覚えがある・何とかしなければ、と日々感じている女性はぜひ大至急対策をとって欲しいと思います。

 

 

肥大化してしまった乳首の縮小は困難

 

乳首が「黒くなる」ことと、「大きくなる」こというのは
同時に進行することも多く見られ、それらは要因がある程度重なっています。

 

特に、「出産」を経験した女性に顕著な例ですが
妊娠・出産による乳首の黒ずみには、多くの割合にこの乳輪の肥大が含まれます。

 

赤ちゃんのためであり、仕方がないことですが
「授乳期」が終わった後、冷静になった後に焦る女性が多いです。

 

乳房の発達に伴う乳輪の肥大は、基本的には一時的であることが多く
<完全に>というまでにはいきませんが、元に近い状態になる女性も多いです。

 

しかし、稀に黒いまま・肥大したままという女性もおり
特に黒ずみ・肥大が顕著だった、<黒く・大きくなりすぎた>女性に多く見られます。

 

非常に危険な状態です。

 

改善は可能な限り早く始める

 

ここでは「産後女性」を例にしましたが、女性ホルモンのバランスの変化や
外部からの刺激による、過剰な色素の沈着が見られる女性もいます。

 

また体質的なものを理由として、「思春期の後半」から<度を過ぎて>
黒く・大きくなってしまう女性もおり、注意が必要なことは変わりありません。

 

必ず、定着する前に行動を始めましょう。

 

そしてその際の目的も、基本的には黒ずみの対策・改善と近いものとなります。

 

 

まずはメラニンの発生をできるだけ抑える

 

黒ずみ・肥大の最大要因であるメラニンの沈着には

  • 摩擦
  • ホルモン

 

という、大きく分けて2つ想定することができます。

 

まず最も日常的なリスクとして、「摩擦」が挙げられ
色素の沈着の根本には、「日々の刺激(負担)」の積み重ねがあります。

 

色素沈着の正体は、「メラニン色素」の沈着ですが
最も典型的なメラニンの発生要因である、「紫外線」以上に
普段着ている衣服・付けている下着が、こすれることによる刺激がより顕著と言えます。

 

刺激を受けた部分というのは、黒ずむだけでなく肥大する傾向があります。

 

この要因を防ぐための方法としては、まずは「しっかりと下着を付ける」こと
その当たり前のことに加えて、「サイズ」がちょうどいいものを選ぶこと
また場合によっては肌への刺激となる、「生地」にも注意が必要です。

 

そういった人は、自分が気付いていない刺激
「まさか、それとは思わない」刺激が、原因である可能性もあります。

 

最も多い例として、乳首に直接当たるブラジャー・ニップレスが原因であることもあります。

 

サイズが合っていなく、擦れてしまっていることによって
余計な刺激を受けているケースが、実は非常に多いです。

 

また、ニップレスは擦れないからといって油断できず
素材」が肌に合っていない可能性も考えられます。

 

あらゆる可能性があるため、もう一度自分を取り巻くバストの環境を見直してみましょう。

 

黒ずみ解消クリームで効率的に対処する

 

そして、この「メラニンの排出」に有効なアイテムが
当サイトで紹介している「ホワイトラグジュアリープレミアム」です。


 

問題は<沈着>であり、「発生次第除去する」という意識でケアする際に
こういったプラスアルファのアイテムを、ぜひ効率的に利用することをおすすめします。

 

定着してしまうことが、除去が困難になる理由であり
即排出することによって、その時点でのリスクを回避することができます。

 

本来であれば、メラニンの生成を招いている要因を抑えることが重要であり
それまでの「時間かせぎ」としても、欠かせないケアになります。

 

乳首の肥大は、乳首が受ける「刺激」が大きく関係しており
「メラニンの除去」と、その後の「刺激の除去」の両方が必要になります。

 

 

より複雑なホルモンバランスによる乳首の肥大

 

そして、摩擦に比べてより複雑な要因と言え
色素沈着・肥大の、最も大きな要因と考えられる要素が「(性)ホルモン」になります。

 

「妊娠〜出産」という、女性ならではのイベントには、女性ホルモンの変動が付き物と言えます。

 

また30代の後半以降、女性ホルモン(エストロゲン)の減少が顕著になる時期には
その「バランス」に関しても乱れが生じ、一気に黒ずむことも広く知られます。

 

以上の要因というのは、女性であれば常識的な知識であり
出産にまつわる乳首の肥大に関しては、覚悟している女性が大半であることと思われます。

 

問題は、「正常に戻せなかったケース」で発生します。

 

妊娠後に始まる女性ホルモンの変動は、出産をきっかけとして
更に授乳を終えた後に、徐々に収まっていくことになります。

 

乳首の色・大きさに関しても、徐々に元に戻っていくことになりますが
この時期に、<うまく戻らない>という事態が発生してしまうことがあります。

 

多くの場合には、「体質」等も関わっているものになりますが
スムーズに戻せる方が稀であり、乳首以外の要素としても
「薄毛」や「便秘」といったものが、尾を引くことになる方も多いです。

 

しかしながら、それでも戻していかないことには
それぞれのトラブルが沈静化することはなく、食生活を中心として
あらゆる面で、ホルモンの安定化を進める必要があります。

 

必ずやってくる「リスクが高い時期」

 

出産・更年期というのは、あくまでホルモンの変動が顕著な時期であり
<肥大(黒ずみ)が進行しやすい>時期の、一例にすぎません。

 

女性ホルモンというのは、簡単に乱れてしまうものであり
「生理不順」といったトラブルが、日常的なものとなってしまっている方は
より注意して、体質の改善に努めることが必要と言えます。

 

また体質によって、若い時期から・出産前から大きい(黒い)女性もいますが
おそらくは、「思春期(成長期)」から顕著になるものであり
これに関しても、「女性ホルモンの仕業」と言えるものになります。

 

この現象に関しては、「大人になってから小さく(薄く)なった」という場合もあり
一時的なホルモンの変動・過剰分泌が原因となっていることも考えられます。

 

いずれにしても、ホルモン環境の正常化は必須です。

 

大きくなってしまった後には、「どうにもならない」現実があります。

 

そしてリスクは、全ての女性にあると言えるものなのです。

 
トップ