乳首のための色素解消クリーム

出産で黒ずんだ乳首がなかなか薄くならない悩みにも

加齢によって変化する体のパーツの中でも、特に女性として気になる部分というのは
「出産(妊娠)」を機に加速する、という特徴があります。

 

それは「女性としての力」を存分に引き出した「対価」でもあり
ある意味で、「勲章」とも言えるものになりますが
やはり、非常に気になる・悩みとなることは確かです。

 

そしてその中でも体重の増加」「体のたるみ」と同じくらい深刻な悩みの中に
「バスト」にまつわるものがあり、更に深い部分としては「乳頭」に関する悩みは
出産・加齢によって加速する、典型的なトラブルになります。

 

 

「ダメージ」と「ホルモン」によって肥大し・黒ずむ

 

バストトップの黒ずみの原因は、その基本的なメカニズムとしては
「シミ」や「そばかす」ができる過程と、同じものになります。

  • 「刺激」による、メラニンの生成(体の中からの黒ずみ要因)
  • 分泌された老廃物の蓄積による、汚れの定着(体の中からの黒ずみ要因)

 

以上が主な要因です。

 

乳首の色が黒ずんでしまう原因

 

しかしながら、加齢・出産が影響する黒ずみの定着には
「女性ホルモン」に関しても、大きく影響することになります。

 

活発になる女性ホルモンによる肥大

 

言うまでもなく、妊娠〜出産〜授乳という過程においては
女性ホルモンの働きが、非常に活発になります。

 

一般的には、妊娠後期から乳頭の肥大が始まり
同時に「色」に関しても、濃くなっていくことになります。

 

これは、「赤ちゃんが発見しやすくするため」の体の変化でもあり
欠かせない・避けられない反応であり、仕方がない・必要なものです。

 

また、加齢による女性ホルモンの減少は
時に女性ホルモンを、暴走させることになります。

 

「オリモノが増えた」といったことが起きるように、
乳頭が異常に発達してしまうケースも珍しくありません。

 

また、皮膚が弱く(保湿能力の減少)なることによって
基礎的な黒ずみ要因の影響を、受けやすくなることも影響します。

 

これに関しても、シミ・そばかすが増えてくることと同じ現象です。

 

傷んだバストトップのケアの方法

 

授乳によるダメージもさることながら、長く生きているということは
肌の組織が傷んでいることであり、乳頭も例外ではありません。

 

刺激による肥大・黒ずみは、誰もが避けることができないものであり
メラニン・汚れの、両方のリスクが発生していることになります。

 

そのため「メラニンの解消」と「保湿」の、両方のケアが必要になりです。

 

しかしながら、加齢・出産に伴うトラブルというのは
<強力>なものであり、食事・日常的なケアには限界があります。

 

またピンポイントの保湿は場所柄難しく、また不安なことも多いはずです。

 

そのため、やはり当サイトで紹介しているような
「特別なアイテム」の利用が必要なケースが多いといえます。

 

授乳が終わった後にぜひ試して欲しい「ホスピピュア」

 

妊娠が関わる乳首の黒ずみの解消を目的とした際に、
特におすすめのアイテムが、「ホスピピュア」になります。

 

 

妊娠・出産を経て、より敏感に・デリケートになっている傾向もあり
より優しいもの、より保湿を中心に考えられたものを利用するべきと言えます。

 

「ホスピピュア」に関する詳しい解説

 

注意点として、
「ホスピピュア」は、安全な・優しいアイテムですが
やはり「授乳」の際等に、赤ちゃんの口に入ることは十分に注意しましょう。

 

基本的には、「卒乳後」に利用し始めることをおすすめします。

 

また、どうしても授乳中からケアしたいということであれば
授乳と授乳の間に、患部をよく拭き取ってから利用しましょう。

 

>>「ホスピピュア」の公式販売サイトはこちら

 
トップ