乳首のための色素解消クリーム

「モンゴメリー腺」にできものができる原因と対処法

「乳輪」を含む、「乳頭」と呼ばれる部分は
周囲に比べて色素が多く、濃くなっていることが一般的です。

 

その部分の大きさ・濃さというのは、非常に個人差が大きなものですが
色・範囲に加えて、「モンゴメリー腺」と呼ばれる
いわゆるという要素も、乳頭を構成する存在になります。

 

このモンゴメリー腺ですが、できやすい(多い)人と
できにくい(少ない)人がいることがおり、いわゆる「体質」によっても差がありますが
人によっては、もとから<非常に気になる>という方も少なくなく
また年をとることによって、それがより深刻なものとなる場合もあります。

 

もちろん、体質には「遺伝」の要素も大きく関わっており
代々「乳輪が大きい」という女性に、特に多いものでもあります。

 

 

ブツブツが増える原因

 

そもそもこのモンゴメリー腺とは、妊娠・出産の際に
「ホルモン」を発することによって、赤ちゃんが乳頭を見つけやすくするためのものです。

 

女性にとって、必要な・重要な組織でもあります。

 

そしてこのモンゴメリー腺多い人とは、簡単に言ってしまえば
乳房という組織が、発達している・しやすい体であると言えます。

 

しかしながら、体質以外の発生要因も存在し
大きく分けて「ホルモンバランス」と「刺激」の2つを想定することができます。

 

基本的には「ホルモンバランス」の変化

 

「生理前」>には乳房全体として、いわゆる「ハリ」を感じると同時に
乳頭部が「ぷっくり」と膨らむことは、経験があると思います。

 

これは「妊娠(出産)」のための、体の準備であり
女性の機能としては、仕方がない面もあります。

 

基本的には、妊娠せずに生理が起きた後には
通常の状態へと、戻っていくはずです。

 

この変化(発達と劣化)が通常に起こっている分には
それほど気にすることにはならないことと思います。

 

しかしながら、ホルモンバランスが異常をきたすことで
「ちゃんと戻らない」という事態が発生することがあります。

 

これは、「更年期」に起きるケースも多く
女性ホルモンの減少によって、全体のバランスが乱れていることによるものです。

 

また「出産」をきっかけに、発達してしまった方も多いはずであり
<そのままきてしまった>という方は、珍しくないはずです。

 

何と言っても、出産は乳房全体が発達する最も大きなイベントなのです。

 

「刺激」によって発達してしまっている場合も

 

また、外部からの刺激を受けることによって
肌組織としての「炎症」が起こってしまった結果であることも考えられます。

 

人間の体というのは、刺激・ダメージを受けることによって
更にその部分を、強化しようとする機能があります。

 

「骨折」をすることによって、骨が太くなったり
「マメ」が出来ることによって、皮が厚くなる現象が有名です。

 

それは、乳頭部に関しても例外ではなく
ダメージを受けることによって、モンゴメリー腺を含組織を
外部から守るために、<強化>する現象が起きることがあります。

 

また刺激を受けるということで、細胞を守るための「メラニン色素」の分泌も活発になり
結果的に、乳首の黒ずみのリスクも上昇することになります。

 

加齢による皮脂量の現象は、直接的に肌のバリア機能を奪う要因であり
「シミ」や「肌荒れ」ができやすくなると同時に、乳頭も色素を帯びることがあります。

 

「痛み」と「痒み」はトラブルの前兆の可能性も

 

「痒み」や「痛み」といった感覚を、日常的に感じる場合には
その部分が刺激を受けてしまっている証拠でもあります。

 

反応としては、他の組織と全く同じと言えます。

 

これらの症状が現れる前に、何らかの対処をする必要があり
発生してしまった場合には、出来るだけ早い改善策が必要です。

 

 

まずは・とにかく・何と言っても「保湿」を優先

 

加齢によるホルモンの乱れ、肌の劣化というのは
ある程度は仕方がないものであり、そうなると想定して対策をする必要があります。

 

そしてある組織、特に皮膚組織を外部の刺激から守るためには
その部分を保湿し、潤い」を持たせることが必要になります。

 

一般的な改善策としては、患部に「軟膏」や保湿成分を含むクリームを
添附することになりますが、本来非常にデリケートな部分であり
新たな刺激になってしまうのでは?と、心配してしまう方は多いと思われます。

 

乳首専用クリームの利用がおすすめ

 

そしてこのトラブルに関しても、当サイトで紹介している
「デリケートゾーン専用クリーム」は、ぜひおすすめです。

 

こういったアイテムは、早い段階で使ってこそ意味がありますが
根本的には保湿が目的のアイテムであり、痛い・痒いという症状に関しても
その時からできる、すぐに試す価値のあるアプローチと言えます。

 

また現在進行形で、痛み・痒みの症状が進んでいる場合等には
それ以降の刺激から肌を守るためにも、ぜひおすすめです。

 

乳首ケアアイテムの鉄板!
「ホワイトラグジュアリープレミアム」に関する詳しい解説

 

大手美容外科との共同開発!
「ホスピピュア」に関する詳しい解説

 

日々の対策が大切なパーツ

 

上記しましたが、体の組織の「マイナスの発達」につながってしまう
非常に大きなダメージ要因として、やはり「乾燥」が挙げられます。

 

乾燥しているということは、肌を守るため皮脂が少なくなってしまい
ダメージを通過させないための、「肌中の水分」が蒸発しているということです。

 

加齢によって、もともと皮脂が少ない状況であれば尚更といえます。

 

どちらかというと、マイナスのイメージのある皮脂ですが
肌の表面を外部の刺激から、組織を守るという大切な働きもあります。

 

毎日の洗浄によって、落とす必要のあるものであり
更に新しい皮脂が分泌され、程よく保つことが難しいものでもあります。

 

しかしながら、この皮脂の量をバランスよく保つことが
乳首の「余計な発達」を防ぎ、それに付随する、痒み・痛みを防ぐことにつながるのです。

 
トップ